ぶるぶるたんぶる


deer-mask:

~but every man can get down on a fatass~

deer-mask:

~but every man can get down on a fatass~

(元記事: bokku-chan (sarugeから))

— 12時間前・リアクション8739件
#おしり  #えろす 
"「自分はプリキュアなのにどうしてヒゲが生えてくるんだろう」というツイートに対して「プリキュアじゃないからです」というリプがきました。夢を壊すような人はスパム報告します。"
— 12時間前・リアクション1103件
"嵐の過ぎるのを待つのではなく
雨の中でも踊るのが人生なのです"

ベニシアさん (via ebreday-words)

かっこいい

(via odakin)

(hydrogenblrから)

— 12時間前・リアクション2599件
"ほとんどの人は、死にたくない時に死ぬ。"
— 12時間前・リアクション1477件
"「手抜きは悪」みたいな人に叱られることもあるんですけど、私はその人に認められるために生きてる訳じゃないので気にしないです。私が頑張って、頑張り過ぎて倒れてもその人が助けてくれる訳じゃないです"
— 12時間前・リアクション1400件
"

包丁の研ぎ方を正しく知っている主婦は、昔とちがって少数派です。でも包丁が切れにくくなると、トマトはつぶれるし玉ねぎを切れば涙が止まらなくなるなど、お料理の味や効率がガクンと落ちてきます。だからこそ包丁のお手入れはとても大切。今回は老舗包丁専門店「日本橋木屋」の石田さんに、包丁のお手入れのコツを伺いました。

お手入れの前に自分の包丁について知っておきましょう。日本で一般的に売られている包丁には和包丁と洋包丁があって、「和包丁は片刃、洋包丁は両面に刃がついた諸刃(もろは)が基本です」と石田さん。これは、魚(日本)と肉(欧米)という食文化をそれぞれ極めた結果。「包丁の歴史は石器時代にさかのぼり、日本では1300年も前の記録が正倉院所蔵の書物に記載されているんですよ」。

包丁にはさらに細かく「菜切り包丁」「出刃包丁」「ぺティナイフ」から「鱧用」「ウナギ用」などありますが、現在一般的によく出回っているのは「鎌形」。「三徳包丁」ともいわれる日本独自の洋包丁で、現代の食文化に合わせ、肉にも魚にも野菜にも使いやすい“3つの徳”がある包丁として一躍広まったようです。

素材も色々。店頭でみかけるのは主に「鋼(ハガネ)」と「ステンレス」で、さらに性能を高めた素材も数多く並んでいます。入門者にも扱いやすい点で人気なのはステンレスだそう。錆びが出にくいのでお手入れが楽です。

鋼の包丁はお料理好きに人気ですがお手入れしてこその素材。石田さんによると「錆びるのが仕事ですからサビて当たり前です。買った直後からしばらくの間サビができるので、適切な手入れをして安定させてやるんですよ」とのこと。「切れ味の差は?」と伺うと「切れ味の差はありません。持続性に差が出ますが、きちんとお手入れをしてやれば変わりません」とのこと。「ステンレスはノーテンキに扱っていてもある程度はそのまま使えますよ!」。どちらも切れなくなったら専門店へメインテナンスを依頼すれば切れ味を復活することができます。

切れ味を保つには、研ぐことが大切。手に負えなくなったら専門店で研いでもらうことも長持ちの秘訣です。そしてそれと同じくらい大切なのが日々の扱い方!よくある疑問にお答えいただきながら、毎日のお手入れについて勉強しましょう。

「立てて保管するのが常識。寝かせたり逆にして置いておくと、柄の内部の水分が逃げず、なかご(中の金属)が錆びて柄が取れやすくなります。刃の金属表面は安定して酸化、つまり目には見えないよいサビに覆われていますが、柄の中は金属表面そのままなので繊細なのです」

包丁を洗ったら、水道水でよくすすいで、乾いたタオルで乾拭きし、刃を下にして立てて片付けておくのが正しい収納方法です。

「ワインのコルク栓(またはサビトールなどの市販品)と粉末クレンザーを使います。サビやこびりつき汚れのついた包丁をまた板の上にピタッと置き、包丁を水で濡らして粉末クレンザーを多めにかけて、コルク栓で表面がきれいになるまで、しっかりこすります。包丁の「平」の部分は砥石で擦ってはいけませんが、この方法できれいにできます。両面がきれいになったら水洗いし、よく乾拭きを。なお同じコルクを何度も使えます」

Web上で検索すると、包丁のお手入れに使える身近なグッズについてさまざまな物が紹介されていますが、それら真偽のほどはいかがでしょう?

「アルミホイル」「メラミンスポンジ」「火であぶる」については「誰がそんなことを言ってるんですか!?」と一刀両断。さらに「火であぶるなんてとんでもない。作り手が熱処理をしてよいように整えているのに、そんなことをしたら金属原子が動いて品質低下してしまいます」とのこと。「大根」「コルク」「クレンザー」については、研ぎには使えないもののサビやこびりつき汚れ落としに有効なのだそう。

「いいですよ。研がないよりはましです。でもそれでもひどくなったら砥石でないと無理ですね」。昔はシャープナーの砥石に硬い金属が使われていて、それで研ぐとかえって刃こぼれの元になっていましたが、最近のものは改善されているとのこと。「使うなら、調理台など作業場の見える所に置いてすぐ使えるようにし、小まめに使うこと。一度の研ぎで5~10回行き来させれば十分。やりすぎても効果は変わりません」。

ガイド宅には刺身包丁や出刃庖丁など時々しか出番のない包丁がいくつもあるのですが、そういう包丁の収納はどうすればよいでしょう?

「特に和包丁や錆びやすいのでよく乾燥してからしまう事が大切です。水ですすいだら全体を乾拭きし、半日以上風通しのよい場所で陰干し(日向は厳禁)し、油(できれば専用の手入れ油)を薄めに塗り、新聞紙にくるんで収納します。新聞紙はインクがサビ止めになるのでおすすめです」

「ステンレスの包丁を研ぐのにレンガ色の砥石を使って研いでいませんか?」
包丁の研ぎ方に関する講習会で講師も務める石田さんが生徒さんにこの問いを投げかけると、「きゃー私だ!」という声がたくさん上がるそう。「砥石には荒砥、中砥、仕上げ砥など目の粗さや原料の違いによる種類があり、その包丁に合った適切な砥石というものがあります」。硬めの性質であるステンレスや超硬金属は研ぎにくい材質なので削る力の強い砥石を選んだ方がよいとのこと。「一般向けには合成砥石(2種類の主原料が混合)が、鋼にもステンレスにも使えてお値段も手ごろなのでおすすめですよ」。ちなみにレンガ色の砥石は鋼の包丁に使います。

"
— 12時間前・リアクション259件
sutiblr:

Black rubber latex catsuit, black long boots, and with red randoseru

sutiblr:

Black rubber latex catsuit, black long boots, and with red randoseru

(sarugeから)

— 12時間前・リアクション263件